初心者が知っておきたいバンドの組み方。売れるには

4601886

世間を賑わしたSMAPの独立問題と解散報道。

バンドやグループはどうあるべきなのかを、考えて見ましょう。

バンドやグループを組むときの注意点

結論から言うと、組んでみなければわからないが、バンドメンバーを探す時は、10年以上そのメンバーと一緒に入られるかどうかを、基準に判断しましょう。

初対面の時に相手に感じたことは、重要です。

なぜなら、人前で演奏やパフォーマンスをするとなれば、ほとんどの方は、初対面のお客さんの前で行います。

少なくとも、自分が感じた印象と同じ印象を持つ人は、お客さんの中にもいます。

尊敬ができて、切磋琢磨できるメンバーと組むことが良いでしょう。

バンドやグループでも個人事務所

SMAPの独立騒動は、解散を宣言をした訳ではなく、事務所が変わっても、SMAPは続けられるはずです。

AKB48などのグループもそうですが、個人個人、所属事務所は違います。

私の好きなバンドのX JAPANも一度は解散したとは言え、個々に事務所に入っててますが、また集まって活動しています。

社会人バンドでも、会社が違くても、バンドは組めます。

何が言いたいかというと、SMAPの不仲説の真相は本人達にしかわかりませんが、何はともあれ、ずっとバンドやグループでいたいか?です。

本人達の意思を尊重するべきです。

SMAPは事務所の選考によって組まされたのかは、わかりませんが、お笑い芸人は、養成所などで、自分でコンビを見つけたり、学生時代の友達とコンビを組みます。

インディーズから伸し上がったバンドもほとんどが、自分達でメンバーを見つけます。

オーディションを受け、事務所に入って、才能がある人や、容姿の良い人と、組ませれて、「売れたい」と思うのは良いですが、本当にそれがやりたいことなのか?一度考えるべきです。

バンドマジックという言葉もあり、バンドだったから売れることはあります。

バンドが売れたら、適当な時に解散をして、ソロ活動をしたいという人は、最初からソロ名義で活動した方が、上手く行くようです。

バンドメンバーを利用しよう、なんて思わないことです。

必ずしっぺ返しが来ます。

そもそも、バンドで人気が出てたから、ソロに転向してからといって、その時のお客さんが全員ついてくることはありません。

ソロになったら、バンドの時の方が、人気があったアーティストがほとんどです。

稀ですが、矢沢栄吉さんは、バンドからソロ活動に転向しても、売れています。
詳しくは、矢沢栄吉さんの「成り上がり」という本を読んで下さい。

私もこの本を読んで、かなり影響を受けました。

それと「矢沢永吉&糸井重里 今だからこそ「お金」の話」 の動画をご覧下さい。

「プロであると言う事はどういうことか」が、わかります。

まとめ

今回の騒動で、日本の芸能界のあまりよくない風習が明るみになりました。

事務所のタレントは商品であり、人間扱いをされていないのです。

絶対に音楽で売れたいと思う人は、事務所も自分で設立するぐらいの覚悟があった方が、自分のやりたい事が出来ます。

アメリカでは、こういう問題は解決されています。

こちらの記事もご参考にして下さい。
弁護士の紀藤正樹氏

「SMAP問題」

個人的には、解散するバンドやグループを見るのは、つらいです。
今後、SMAPはどうなるのかは、わかりませんが、契約更新とされる9月になったらわかるのでしょうか?

今後が気になります。

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<