初心者でもできる作詞の仕方。「サビ」の書き方のコツとは?

01_016949

テーマも決まり、シナリオも決まり、後はメロディーに詞を当てはめるだけの人に向けた記事です。

この記事を読むと、音楽の聴き方が劇的に変わります。

スポンサーリンク

作詞のやり方

ここで、現代曲の作りやすい作詞の方法を伝授します。

この方法が全てではないです。
一例として、はじめての作詞に役立ててください。
基本はリスナーに言いたいことが伝われば、作詞は自由です。

テーマが決まり、一枚の絵や写真のように映像で作品をイメージします。

ワンシーンやワンカットでも良いです。

芸術は、一枚の絵や写真や映像を『何で表現するか』の違いだけです。

音で表現するか、絵を描いて表現するか、モノや身体で表現するなどの違いだけです。

作者の伝えたいことの本質は変わりありません。

詞を書く順番

まず、作詞はどこからはじめるのかというと、サビから書き始めます。

サビ ⇒ Aメロ ⇒ Bメロ

の順番です。

スポンサーリンク

サビにはどんなことを書くのか?

サビに何を書けばいいのかと言うと、【感情+どのくらい(大きさ・幅)】です。

「うれしい」という感情があり、どのくらいうれしいのかを言葉で表現します。

例を出します。

シャムシェイド 1/3の純情な感情 のサビ

(引用)

壊れるほど愛しても 1/3も伝わらない

(引用終了)

「壊れるほど」が、どのくらいで、「愛しても」が感情です。

「歌の文句じゃないんだから」と、言われるぐらい、大袈裟な方が伝わります。

そして、サビは単純な方が覚えてもらいやすいです。

海外ではサビのことを「コーラス」と言います。
これは、ライブなどで、「みんなで歌おう」と言う意味もあります。

Aメロの書き方

Aメロはその時の状況説明だったり回想です。
その時とは、サビの感情がうずいた時の状況説明です。

場所であったり、季節であったり、時間であったり、絵や写真を言葉で説明します。

例としては『寒空に夕日が沈む頃』などです。

Bメロの歌詞はセンスが問われる

Bメロはちょっと難しいです。なぜなら自由だからです。

格言・教訓・思想・哲学であったり、なんでもありです。

これを踏まえて、いろんなアーティストの作品を分析すると、いろいろ気付けます。

Bメロほど、センスが出るものは無いのでしょうか?

しかし、まだこれだけでは1曲完成しません。
勘の良い方は1曲出来るかも知れませんが、1コーラスだけで終わってしまう方がほとんどです。

1曲完成させるための続きは、「作詞作曲のコツ」で解説します。

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<