【読めば納得】初心者におすすめする電子ピアノの選び方とその理由

0_004713

子供にピアノを習わしたい。でも、本物のピアノは住宅の問題や金銭的にちょっと無理。

電子ピアノを購入したいけど、ピアノの経験がない親御の為に、選び方のコツをお伝えします。

スポンサーリンク

電子ピアノの選び方

電子ピアノの購入にお悩みの方は、メーカーの違いやグレードの違いに、戸惑っていることだと思います。

予算の範囲以内で、ある程度は選択を絞れると思いますが、電子ピアノは何回も買い換えるものではありません。

多少高くても、納得のいく電子ピアノを購入しましょう。

最悪、電子ピアノは使わなくっても、友人に譲ったり、ネットオークションに出したり、買取に出したり、中古品を取り扱うお店に出せます。

電子ピアノの種類

電子ピアノは日本では5大メーカーがあります。

  • YAMAHA
  • ローランド
  • コルグ
  • カシオ
  • カワイ

ピアノ経験者でない方は、中々音の違いまではわからないと思いますが、各社ともピアノの音に特徴があり、違いがあります。

それと、鍵盤のタッチの違いがあります。

鍵盤を押してみると重かったり、ぬるっとしたり、軽かったり、メーカーによって違います。

どれを選ぶかは好みの問題です。

電子ピアノが展示してあるお店に出向いて、メーカーの違いを比較しながら、実際に触ることをおすすめします。

お子さんがピアノを弾くのであれば、お子さんに鍵盤をタッチしてもらって、直感で決めでもらいましょう!

鍵盤のタッチが重たいと、最初は腕が疲れやすいですが、慣れの問題です。

スポンサーリンク

電子ピアノの特徴

電子ピアノの特徴は、ボリュームの操作が出来るということです。

電子ピアノでも本物のピアノでも鍵盤のタッチのよって音の強弱を付けられますが、電子ピアノの方が全体のボリュームを操作できます。

日本の住宅事情では、本物のピアノは隣の家まで聞こえるほどの音量があります。

電子ピアノはヘッドフォン端子が付いているので、便利です。

ヘッドフォンを使用しなくても、かなりボリュームを絞れば、隣の部屋にも音漏れの心配がなくなります。

電子ピアノと電子キーボードの違いは?

詳しくはこちらの記事に書いてあります。
『電子ピアノと電子キーボードの違い』

簡単に解説すると、弾きたい曲の用途によります。

クラッシックなどのピアノだけの曲を弾くのなら、電子ピアノで十分です。

ポップスやロックなどの歌謡曲を弾くのであれば、電子キーボードやシンセサイザーが必要になります。

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<