ボーカリストは要注意。声がかすれる原因と対処方法

a0001_013659

ボーカリストにとって、咽喉は楽器であり、商売道具でもあります。

使いすぎたり、ケアを怠ると、後で取り返しがつかない事態に発展しかねません。

いい声をキープする為にも、予防策を取っておきましょう。

スポンサーリンク

声が出なくなったり、かすれる原因と対処方法

1、大声の出しすぎ

ライブ中など、ついついテンションが上がってしまい、シャウトし過ぎてしまう場合があります。

ライブ中のMCで、「今日のライブで声が出なくなっても、全部出し切るぞ」など、言ったとしても、咽喉の為に、大きい声やシャウトする時は、音量はセーブし、アクションでカバーしましょう。

どのようにアクションするかと言うと、手に力が入っているようにみせ、マイクを小刻みに揺らします。

2、咽喉の乾燥

咽喉も粘膜で覆われるため、乾燥には弱いです。

マスクもするものいいですが、こまめに水を飲むことをおすすめします。

水は、ミネラルウォーターのような湧き水が好ましいです。

スポンサーリンク

3、ストレス・プレッシャー

プロの歌手でも、一度売れてから、その後なかなかヒットが出せないプレッシャーからなのか、声がかすれてしまう、「機能性発声障害」という障害があります。

「機能性発声障害」とは、声帯ポリープや声帯結節など(器質的な病変)がなくても、声がかすれてしまうことです。

特に風邪を引いた訳でもなく、咽喉に痛みがなくても、声がかすれたりしてしまう場合は、「耳鼻咽喉科」に行って、早期に相談するのが良いでしょう。

週に1度は、森や川が多い自然に触れて休暇を取ると、心のヒーリングになります。

お金と時間に余裕がある方は、ハワイなどの南国に行くと、リフレッシュできます。

まとめ

ずっと、咽喉を大事にしたい方は、日常会話からの発声にも気をつけたいところです。

ボーカル教室に通えばよいのかと言うと、いろんな先生がいて、いろんな教え方があります。

例えば、高い声を出すのにも、咽喉仏を下げて出す方法や、ワニのように上あごを動かして歌う方法など、2パターンあります。

自分に合った歌い方を知らないまま、咽喉を酷使するのは危険です。

その為には正しい知識を付ける必要があります。

おすすめの本は

すぐに歌がうまくなる「新常識」 [ 小泉誠司 ]

すぐに歌がうまくなる「新常識」 [ 小泉誠司 ]
価格:1,944円(税込、送料込)

いろんな本を読み、自分に合った発声方法を取得して下さい。

なんとなく、何十年話し続けても、アナウンサーなどに慣れる訳ではなく、意識して練習を続けることで、『スキル』として身に付きます。

最後にもう一度書きますが、咽喉の異常が続くようでしたら、耳鼻咽喉科に行くことをおすすめします。

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<