ピアノコードの押え方。アレンジによって右手と左手が変わる

459876

クラッシックピアノ経験者がぶつかる壁と言えば、コードの押さえ方の仕組みと覚え方。

初心者でもわかるように解説します。

スポンサーリンク

ピアノのコードとは何?

コードと聞くと紐を連想する方もいますが、コードとは和音の総称です。

例えば、「ド」と「ミ」と「ソ」を同時に弾きます。

この音の固まりを、人に伝えたり、メモをしたい時に、「ド」と「ミ」と「ソ」と伝えるより、「C」(コード)と一言で伝えたり、一文字で書くことができます。

言わば、略字のようなものです。
かなりの短縮ができます。

コード譜と呼ばれる、コード進行だけが書かれた表があります。

コードネームを「サッサッサッ」と書いたものをミュージシャンに渡せば、音楽という言語で会話ができます。

コードの知識はこの記事をお読み下さい。

コードの知識
コードの読み方と書き方

ピアノ・キーボードのコードの押え方とアレンジ

コードの押え方は、状況によって変わります。
それは、ピアノの弾き語り、バンドアレンジのバッキング、ピアノソロなどです。

ピアノの弾き語りと言っても2パターンあります。

メロディーは自分で歌って、ピアノは伴奏で弾く奏法と、もう一つは、左手はコード・右手はメロディーを演奏する弾き方です。

スポンサーリンク

ピアノコードの転回系をマスターする方法

コード譜を見ながら演奏するには、アレンジ力が必要になります。

アレンジ力を身に付けるには、アレンジされた曲をたくさんコピーすることに尽きます。

アレンジされている曲を弾いた上で、コードの分析も同時に行います。

コードのルート音に対して、何度の音を使っているのか楽譜に全部書きます。
書く場所は音符のとなりです。

左手は、ルートで、右手は3度と5度を弾いているなど認識します。
さらに、リズムパターンもじっくりと見ましょう。

この時に気付けるのが、コードは「ルート、3度、5度」の順番で全部弾いてないことです。

「3度、5度、ルート」や「5度、ルート、3度」などの順番で弾くことをコードの転回といいます。

なぜコードを転回するのか?

それは、メロディーを邪魔しない為です。

コード音の一番高い音を、トップノートと言います。

コードを転回しないで、コード進行をそのまま弾くと、トップノートだけで、メロディー的になってしまいます。

音楽のメインはメロディーなのに、バッキングコードもメロディー的になってしますと、音がぶつかり、音が濁ります。

コード進行に対してコードを転回する場合は、まず最初に、メロディーラインを邪魔しないように、コードのトップノートを設定します。

そのトップノートがあまり動かないように、次のコードを転回させます。

例えば、

C - G

というコード進行が合った時に、

ドミソ - シレソ

と、弾くということです。

まとめ

今回は3和音で説明しましたが、4和音に挑戦する前に、3和音をマスターして下さい。

4和音は、同時に鳴らしてしまうと、音域によっては音がつぶれてしまうので、1つ音を抜くことが多いです。

自分の耳を信じるか、プロがアレンジしたものを徹底的に分析して、自分のものにして行きましょう。

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<