【プロが推奨】ピアノ初心者の為の練習方法。手のフォームと弾き方

459876

楽器の王様と呼ばれているピアノは、楽器の中で一番簡単な楽器だったって知ってました?

なぜなら、鍵盤を押せば、誰でも音が出るんです。

しかし、簡単に音が出るが故に、それが弱点でもあります。

スポンサーリンク

ピアノは弾きやすい楽器

ギターやバイオリンだったら、いい音が出るまでに時間が掛かります。

ギターは左手の弦の押さえ方も重要ですし、右手のピッキングも初心者はうまく弦を弾けません。
コードを弾こうと思ったら尚更です。

バイオリンはフレットがありません。
正しい音程を覚えるために、耳を鍛えるところから始まります。
しかも、弓の扱いは、力加減だったり真っ直ぐに動かすことは困難です。

一方、ピアノはと言うと、赤ちゃんだろうが、幼稚園児だろうが、鍵盤を下まで押すことが出来れば、音が出ます。

しかし、それが欠点でもあります。

コードも簡単に押さえられるし、メロディーも簡単に奏でられます。

でも、プロとアマチュアの差は?というと、リズム感にあります。

多くのピアノ教室では、クラッシック曲を演奏することが多く、「独奏」です。

独奏とは、一人で演奏するということです。

自分の感情のままのリズムで弾く方が多いのは事実です。

スポンサーリンク

クリック練習が重要

クラッシック上がりのピアニストは、指はよく動きますが、いざバンドを組むとリズムで躓きます。

他人と、リズムを合わせた経験が圧倒的に少ないので、リズムが合いません。

では、どうすればいいのかと言うと、普段からメトロノームと合わせましょう。

クラッシックの曲ではテンポが書いてありません。

一曲を通してテンポがコロコロ変わるので、速度の表記は、「歩くように」とか「軽快に」など言葉で表してました。

メトロノームもあまり普及されていなかったか、正確なメトロノームが無かったからと推測します。

言葉表記のリズムはを一旦無視して、躓かないで弾けるテンポから始めます。

テンポ60から始める方が多いですが、テンポが速いと感じたらテンポ40くらいから始めましょう。

一定のリズムで弾けるようになってから、自分の思うがままのリズムで演奏した方が説得力があります。

手のフォーム

手のフォームをよくすると、腱鞘炎予防にもなります。

手がぶらんとなるように、力を抜くことを意識して下さい。

「卵をつかんでいるように指を丸める」と、よく言われてます。

そして、指の関節が逆に曲がらないように、指を丸めて下さい。

カクッカクッと関節が曲がるだけで、無駄な動きになります。

459876

ピアノの弾き方のコツ

ピアノは鍵盤を押せば音が出ますが、それでも、コツはあります。

人間の指の長さは、親指から小指まで、それぞれ違います。

なので、どの指も同じ条件にします。

どういうことかと言うと、鍵盤に常に触れている状態から、鍵盤を押します。

多くの人は、鍵盤を空中から叩きつけます。

指の長さはそれぞれ違うので、指によって鍵盤までの空中に浮いている指の距離が違ってきます。

鍵盤までの空中に浮いている指の距離が違うのが、「なぜダメなのか?」と言うと、リズムがずれていきます。

絶対に、空中までの距離が変わらなければ良いのですが、鍵盤に指を触れてから押す練習をした方が、手っ取り早いですし、安定します。

さらに、

出している音の次に押す鍵盤を、常に触れている癖を付けます。

すると、暗譜が楽になります。

なぜ楽になるかと言うと、「ド」の次は「ファ」など、指が勝手に覚えてくれます。

可能ならば、1小節に出てくる音は、全部触れておきます。

例えば、「ララソファミド」というフレーズがあったら、右手の小指で「ラ」に触れて、最後の「ド」は親指で触れて置けば、始めから全部の鍵盤を押さえることができます。

フレーズを、フレームで考えると、覚えやすくもなります。

余談ですが、

プロのピアニストで、手が空中に浮いている時がありますが、あれは、鍵盤を押した後、手を跳ねさせています。
鍵盤を叩きつけている訳ではありません。

なぜならば、鍵盤はハンマーでピアノ線を叩いています。
鍵盤に指を置いて、鍵盤を押した後、一瞬で指を離した方が、ハンマーで叩いたピアノ線の振動を最大限に生かせます。

ピアノの音の強弱は、プロでも6段階から8段階ぐらいまでしか、つける事が難しく、一番大きい音を出すには、ピアノ線を最大限に振動させるしかありません。

鍵盤の移動

次に重要なのは、指と腕の移動時間です。

「指の動きが見えなかった」「腕がいつ動いたかわからなかった」と、他人から言われるくらいに、指と腕の移動を瞬時にしましょう。

この2つを意識するだけで、ミスタッチが格段に減ります。

親指をくぐらす時も同様です。

まとめると

ピアノは押せば音が出る楽器なので、他の楽器よりも簡単に、良い音でそれっぽく聞こえます。

しかし、リズムを適当に演奏してしまうと、上手くは聞こえません。
それっぽくは聞こえます。

ピアノ初心者の方は、始めからメトロノームを使って練習しましょう。

リズムに変な癖がついてしまうと、直すのに苦労します。

リズムを安定させるには、「鍵盤に置く、指の準備が大事」ということです。

準備が早いと心に余裕が出来て、本番でもリラックスした状態で演奏できるようになります。

ピアノの運指決め方に関しての記事は「こちらにあります。」

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<