ピアノの弾き語りが難しい理由。コツはアレンジを簡単にする

a1180_012209

ギターの弾き語りと、ピアノの弾き語りの難いですか?と質問が来たら、間違いなくピアノの弾き語りと答えます。

ここで言う、弾き語りとは歌を歌いながら楽器を演奏することです。

スポンサーリンク

ピアノの弾き語りが難しい理由

ポピュラーピアノのアレンジには、コード弾きのバッキングと、アルペジオの2つに大きく分かれます。

ピアノだけに集中できるのであれば、問題はないのですが、ここに歌が入ると、一気に難易度が上がります。

これがアコギなどのギターであれば、コードをかき鳴らして、リズム楽器としてアレンジが出来るので、ピアノより難易度は下げられます。

ピアノのバッキングは、ギターのように、ジャカジャカとコードを鳴らすのに向いてません。

しかも、両手の指を、同じコードでも、いろいろとアレンジしなければ、無機質に聞こえます。

ギターは、リズムにアクセントをつけて、音に表情が付けられますが、ピアノのアレンジは同じようには行きません。

ピアノのアレンジは、コードの転回を上手く使って、表情をつけます。

この、コードの転回がくせ者です。

声はロングトーンでまっすぐ音を伸ばさないと行けないのに、コードを転回させていくと、なぜか、アレンジに釣られて、音程が狂います。

これは練習次第で改善はできますが、ちょっと友人の結婚式で、軽い気持ちでピアノの弾き語りを引き受けると、かなり苦労します。

ずっとピアノの弾き語りのスタイルで音楽活動をする分には、慣れて行き、いろんなアレンジができるようになりますが、短い期間での練習では、難しく感じると思います。

スポンサーリンク

ピアノ弾き語りのコツ

ピアノの弾き語り用にアレンジされた楽譜もたくさんありますが、難しく感じるでしょう。

コードの知識ありきで解説しますが、自分の歌い易いようにアレンジします。

ピアノの練習で本番の日まで迎えてしまったら最悪です。
歌の練習に重点を置いた方が良いです。

ピアノのアレンジの良し悪しは、楽器を演奏している人ぐらいしかわかりませんが、歌唱力は誰でも気付きます。

ピアノのアレンジはどうするかと言うと、歌っている時は、ピアノを弾かないことです。

ジャーンとコードを弾いた後に、歌を歌い、コードが変わる時だけ弾くアレンジです。

極力音数は減らしましょう。

コード進行を見て、初見で弾けるレベルのピアノアレンジで大丈夫です。

そして、サビなどの盛り上がるところだけ、4つ打ちなどのリズムを取り入れます。

AメロBメロは「ポロロン」とコードを弾きますが、3和音のコードは7thや9thなどにアレンジします。

基本コードの3和音に9thを入れれば、お洒落に聞こえるので、おすすめです。

9thを入れるだけで、聞いている人も「なんかすごいことをやっている。」と思ってもらえます。

スポンサーリンク

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<