男性ボーカルで歌唱力の高い人ランキング。歌声を聴いたら好きになる

4684382

個人的なランキングですが、ハイトーンボーカリストが多くなってしまいました。

ハイトーンボーカリストは、曲中にロングトーンを多用するので、歌唱力が求められます。

歌の上手さは、リズム感、ロングトーン、ピッチの安定感、声質などありますが、最終的には個人の好みによります。

スポンサーリンク

男性ボーカリストランキング

マイケル・ジャクソン(Michael jackson)

「キング オブ ポップ」と称させる、「人類史上最も売れたエンターテナー」として、ギネス世界記録を保持しています。

CDとレコードの売り上げ総数が、10億枚以上と、この記録を超えることは2度とないです。

4オクターブの音域があり、普段のボイトレも欠かせなかったし、練習量が尋常じゃない、という逸話があります。

おすすめ曲は「Thriller(スリラー)」です。

ToshI(X JAPAN)

世界進出にも成功し、世界中にファンがいるハイトーンボーカリスト。

おすすめ曲は「BORN TO BE FREE」。

小野正利(GALNERYUS(ガルネリウス)

ソロでデビューをしていたが、現在はメタルバンドのGALNERYUS(ガルネリウス)に所属している。

声量もあり、伸びのあるハイトーンボイスボーカリストです。
音楽活動と共に、ボーカルスクールの講師もしています。

おすすめ曲は「Destiny(ディストゥニー)」。

スポンサーリンク

小田和正

元オフコース。透き通る声で、彼の歌声を聴いて泣いてしまう人もいるほどの、魅力的な声の持ち主。

おすすめ曲は「言葉にできない」。

山下達郎

多重録音の魔術師とも言える、ボーカルのコーラスやハモリが特徴的。

ライブは、音響にこだわりがあり、コンサートホール以外やらないという、逸話がある。

おすすめ曲は「クリスマス・イブ」。

GACKT

元マリスミゼル。温かみのある低音と、ファルセットを駆使した高音だったりと、1曲の中で上がり下がりの幅も広く、難しい曲歌い上げるボーカリスト。

GACKTの歌の上手さの秘訣は、チューナーを使って、しっかりと、音程(ピッチ)の練習をしている所。

ビブラートの多い歌手は、ピッチの不安定さを、ごまかす為に癖になってしまっている方も多いが、GACKTはごまかしの為にビブラートをしていない。

おすすめの曲は「君のためにできること」

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<