ギター教室の開業方法。経営や集客や資金繰り等の基本知識

gu

ギターを長年弾いていると、つい思い立つのが、ギター教室の開業への憧れ。

個人でギター教室を始めたい人向けの記事です。

運営に関する、集客、必要な資金や経費、教科書作り、レッスン場所、などの基本的な知識です。

スポンサーリンク

ギター講師に資格はいるのか?

人間は、子供が生まれれば、誰でも親になれるように、自分に生徒が出来れば、その人は講師になります。

どのくらい弾ければ良いのか、というルールや資格がある訳ではないです。

中学3年生が、中学1年生に教えられるぐらいの知識から初めても、大丈夫です。

ギター教室は始めてみないと、何が足りないのか解かり様がありません。

親は子供一緒に成長するように、講師も生徒と一緒に成長して行きます。

完璧になってからと思う方や、ちょっと批判を受けたら辞めてしまう様な人は、向いてないかも知れません。

どんな有名な企業も、クレームの一つや二つはあります。

お客さんの声を聞いて、改善を繰り返していけば良いだけです。

大事なのは、生徒を上手にしてあげたい、という気持ちからブレないことです。

教えてるのが好きな人が、講師には向いています。
友達から、「~~教えてよ」と、言われたことがある人も、教えるが上手だから、当てにされていて向いています。

資金はどのくらい必要なのか

結論から言いますと、資金はほとんど必要ありません。

経営のスタイルによりますが、働きながら、仕事の休日を使って、徐々に事業を拡大して行きましょう。

自宅で教えられる人は、家賃がかかっている方は別ですが、場所代は余計には掛かりません。

自宅で教えられない場合は、バンドの練習などで使う、音楽スタジオを利用しましょう。

2人まで個人練習の料金で借りられるところもあるので、1000円から1500円ぐらいの間で利用できます。

正し、予定通りに予約が取れない場合もあります。

場所によっては、公民館などのリハーサル室なども格安で借りられる場合がありますが、基本は予約で埋まってます。

講師を始めたばかりで、レッスン代を頂くのが申し訳ないと思う方は、期間限定や人数限定で、モニター募集して、生徒を集客しましょう。

3ヶ月限定や10人限定など、知恵を絞ってください。
そこが経営者としての、腕の見せ所です。

税金に関する知識

雑所得として処理する方法もありますが、生涯ギター教室を運営したい方は、お住まいの地域の税務署に個人事業主として、申告を出して下さい。

この時に、屋号や職業の記入が必要です。
屋号は教室名と同じでも良いですし、特に公表するものではないので、違う名前でも大丈夫です。

職業は、「音楽講師」など、書いておきましょう。
特に、税務署の方から突っ込まれることはないです。

レッスンに必要なスタジオ代や、楽器や消耗品など、必要経費として処理出来ます。

バンドもやっている方は、職業に「音楽家」や「ミュージシャン」など書いておけば、バンドの利益や必要経費も事業として、申告できます。

開業するとわかりますが、こういうことを勤めている会社は全部やってくれています。

例え、ギター教室が上手く行かなくても、いい社会勉強になるので、やってみたい方は挑戦しましょう。

事業をやめる時も、書類を提出して申請すれば良いだけなので、難しくはありません。

スポンサーリンク

教科書の作り方

「ずるい」と思われるからも知れませんが、レッスン中に生徒に質問して、回答をその場で教科書として作っていきます。

その後が、重要です。

初心者の方の質問は大体同じような内容なので、綺麗にまとめてストックして、いつでも出せるようにして置きましょう。

個人でギター教室を運営する時は、生徒さんに合わせて授業を進めると、長く通ってくれます。

生徒さんがブルースに興味が無いのに、ブルースばっかり教えたりと、自分が良かれと思って教えたいことに集中してしまうと、生徒さんは飽きてしまい、辞めていきます。

学校のように詰め込み式ではなく、自主性を持ってもらい、わからない所や出来る様になりたい所を重点的に、解決していくスタイルを求めている生徒さんも多いです。

中には、わからないことがわからない方もいるので、売られている教材を参考にして、一から順番に教えていくのも有りです。

何が言いたいかと言うと、生徒さんのスタイルに自分も合わせていく、ということです。

生徒の集客方法

生徒がいなければ、何も始まりませんので、ここが一番、事業主として、頭を悩ませるところです。

ざっくりとまとめると、

  • HP
  • 口コミ
  • 新聞折り込み広告
  • 音楽雑誌広告
  • インターネット広告
  • 練習スタジオの掲示板
  • ブログ
  • YouTube
  • facebookなどのSNS

HPや広告の掲載はお金がかかりますが、最初はアメーバブログ(アメブロ)などの無料ブログから初めても良いでしょう。

無料ブログに、レッスン代、レッスン場所、営業時間などを記載しておきます。

必要なのは、生徒さんのメールアドレスと連絡先ですので、フォームメーラーを設置しましょう。

YouTubeにレッスン動画をアップするのも、おすすめです。

スマホとスマホを固定する機具があれば、後は撮って、アップロードするだけです。

顔を出しての動画の方が、講師の人柄が分かるので、生徒さんも安心して親近感を持ってくれます。

おすすめの本は

音楽講師の始め方と続け方 [ 宮脇俊郎 ]

音楽講師の始め方と続け方 [ 宮脇俊郎 ]
価格:1,836円(税込、送料込)

です。
音楽講師を続ける上で出てくる問題などの解説してあります。

まとめ

経験は早く積んだ置いた方が、後々役に立ちます。

開業しても、勝手に生徒が来る訳ではないので、準備をしながら、いろいろと戦略を練って行きましょう。

まずは、始めるところからです。
見切り発車で始めても、なんとかなります。

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<