歌のビブラートのかけ方の練習方法はモノマネから始める

4604195

カラオケの採点機能でも審査対象になっているビブラート。

友達の前で歌を歌った時に、ビブラートを掛けると「どうやってやるの?」と必ず聞かれます。

いつの間にか出来るようになってましたが、よく思い出せば、練習したのは好きなアーティストのモノマネからでした。

スポンサーリンク

ビブラートの種類

大きく分けるとビブラートは2種類あります。

  • 咽喉でかける
  • 横隔膜でかける

一つずつ解説していきます。

咽喉で音程を揺らしてかけるビブラートが一般的です。

この時に、音程を上げるやり方と、音程を下げるやり方があります。
どっちが良いということはなく、曲の場面によって使い分けます。

横隔膜でビブラートを掛ける時は、音量の大小で「ワァンワァンワァンワァン」という感じにかけます。

木管楽器や金管楽器の経験者は、イメージしやすいと思います。

ビブラートの練習方法

私が行ったビブラートの練習方法は、モノマネでした。

モノマネをしたのは、GACKTさんです。

彼の映像を何度も見て、咽喉の筋肉の動きをイメージしたり、音源に合わせて一緒に歌ったりしました。

あなたの好きなアーティストが、ビブラートをよく掛けるタイプの歌手だったら、徹底的にモノマネしましょう。

その時に、上行系のビブラートか下降系のビブラートか聞き分けられると、練習がやりやすいです。

機械的に練習をするのなら、キーボードなど音の出る楽器とメトロノームを使って練習をします。

最初は、上行系から練習します。

母音にビブラートかけるので「あいうえお」の全部出来た方が良いですが、まずは「え」の発音で練習すると、やりやすいです。

音程の揺らし方の種類は3種類あります。

  • 大きく音を揺らす
  • 細かく音を揺らす
  • 大きく揺らしてから徐々に細かく揺らす

最初は、咽喉の筋肉が動く感覚がわかりやすい、大きくゆっくりと揺らしましょう。

スポンサーリンク

メトロノームを使って、テンポ60の4分音符で、「ド」と「ド#」の半音を「ェエェエェエェエ」という感じに練習します。

テンポ60が出来たら、テンポを2ずつ上げて行きましょう。

ビブラートは一定のリズムで掛けなければ、上手く聞こえません。

テンポが速くなってくれば、勝手に細かいビブラートの練習に切り替わります。

4分音符でテンポ250まで出来れば、上出来です。

慣れてきたら、ゆっくりのビブラートから速いビブラートに移行する方法の練習をしましょう。

ビブラートは癖のようなもので、最初に変な癖が付いてしまうと、直すのに苦労します。

テンポは、1日に最高でも20までしか進めないで、じっくりと長期的に咽喉を育ててください。

下降パターンも同様に練習します。

横隔膜を使ったビブラートは、オペラ歌手やクラッシック歌手がよく使うビブラートです。

ゆっくりとボリュームを意識して同様に練習すれば、出来るようになります。

ビブラートがいらない状況とは

1人で歌ったり、2人までなら、ビブラートの波を合わせられるので、問題なですが、複数人で歌うグループになると、ビブラートは邪魔になります。

レコーディングでハモリパートを1人で行う場合は、ビブラートの癖が同じなので、すんなり行きますが、別のメンバーがハモリを入れる時は、なるべくビブラートを掛けない方が、綺麗に聞こえます。

まとめ

ビブラートは、さりげなく掛けると上手に聞こえますが、逆に、大げさにビブラートを掛けてしまうと、わざとらしく聞こえて、「あの人の歌い方好きじゃない」と、いう人も出てきます。

曲のテンポによっても、ビブラートの揺らし方は、変えて行かなければなりません。

その為にも、テンポ60からテンポ250まで、どのテンポにも合わせられる様に、じっくりと練習をしましょう。

一度ビブラートが出来ると、ビブラートを癖で掛けてしまうので、ビブラートを掛けない練習も必要です。

スポンサーリンク

 

さらに知識が深まる人気記事

ピアノ関連
>>>ピアノのコードの押え方と考え方<<<

>>>ピアノの運指の決め方と考え方<<<

>>>シンセサイザーの音作りのやり方<<<

ボーカル関連
>>>歌が上手くなる方法<<<

>>>ハモリパートの作り方と考え方<<<

>>>歌詞の覚え方<<<

>>>自宅でできる歌の練習方法<<<

ギター関連
>>>ギターの弦がびびる原因とは?<<<

>>>ギターソロの作り方<<<

>>>おすすめの自宅用のギターアンプ<<<

>>>耳コピのやり方<<<

リズム関連
>>>5連符&2拍3連の数え方<<<

>>>変拍子の数え方<<<

>>>リズムカウントの取り方<<<

音楽理論関連
>>>作詞作曲のコツ<<<

>>>コードとは?<<<

>>>王道のコード進行<<<

ライブ関連
>>>衣装の決め方<<<

>>>ファンを増やす方法<<<

>>>音の返しが良くなるPAへの注文の出し方<<<

雑学関連
>>>肩こり予防の体操<<<

>>>CDが売れない理由<<<

>>>絶対音感は必要なのか?<<<